これまでとこれからも

政治家(議員)になった動機(きっかけ)は?

労働組合役員として、数年間市政への改善要望や意見提言を取りまとめ、市民の代表として、市役所と意見交換する立場にいました。なかなか思うように改善が進まず、周囲の人からも推薦する言葉をいただき、市議会議員への立候補を決意しました。

政治家(議員)として心掛けているところ。

市民の声を聞き、役所の論理や議会の論理だけでなく、市民の声を市政に活かすことを第一に心がけています。

政治家として遣り甲斐を感じることは?

市民の声を聞き、自ら検討し提案した施策が実施されたときにやりがいを感じます。

力を入れている(入れていく)政策は?

(1)脱原発社会の実現と低炭素社会実現にむけて、再生可能エネルギーでの発電の拡大と高気密・高断熱住宅の普及拡大によるゼロエネルギー住宅の普及

(2)市民自治の推進で市民自らがつくる住みやすい地域づくり

政治家にならなかったら何になりましたか?

前職である郵便局の職員を続けていたと思います

有権者(特に若い方達)へのメッセージをお願いします

自分たちが暮らしやすい社会、額に汗して働くものが報われる社会を再生するために、政治に興味を持ち、夢を持ち、自分の思いを声として発信して生活してほしいと思います。